グリーンストーンのサポート

Greenstoneについてもっと学んでみませんか。インストールや構築でお困りですか。多くのヘルプの情報があります。

Greenstone Documentation Wiki

グリーンストーンに関するすべてのドキュメンテーションのワンストップ・ショップ(以下を含む)。

  • リリースノート リリース情報は新規リリースごとに広報され、インストール手順、重要な変更、バグの定義、周知の情報などの有益な情報が多く含まれております。
  • 初心者ガイド グリーンストーンのソフト使用の基本的ガイド
  • グリーンストーンチュートリアル どのようにさまざまな種類のコレクションを構築するかを教示する多くのGreenstoneのチュートリアルがあります。
  • FAQ FAQはソフトの入手方法、インスタレーショングリーンストーンの立ち上げ、コレクション構築などのグリーンストーンに関する一般的な質問のリストが含まれています。
  • Greenstone Documentation グリーンストーンに関するいくつかのマニュアルとガイドがあります。このページはそれらすべてへのリンクを提供し、その多くは多言語です。
  • 記録されたサンプル グリーンストーンのコレクションの「about」ページはどのようにコレクションが構築されているかを記述します。このページは簡単な記述とリンクを提供します。

メーリングリスト

グリーンストーンに関するメーリングリストがあります。グリーンストーンディジタルライブラリ―のデイスカッション用です。グリーンストーンの現役ユーザーはリストに加わり、討論にぜひ参加してください。

注:他のリストに投稿する前に、他の情報ソース、とりわけメーリング・リスト・アーカイブを探してみてください。

注:投稿するまえにこれらのリストに投稿する必要があります。

以下のリストは他の機関によって運営されていて、グリーンストーンチームによって管理されていません。

以下の2つのリストは Greenstone development teamによって運営され、英語のリストである。

Greenstone Mailing-List Archive
2つのグリーンストーンのメイリングリストに投稿されたすべての質問と回答を含むグリーンストーンのコレクションがあります。このコレクションを検索することは、 FAQのリストに掲載されていない一般的な質問に対して答えを見つけるための良い方法です。これは定期的に更新されますが、一番最新の投稿は含まれていません。誰でもアクセスできます。

他には(greenstone-users archivesgreenstone-devel archives)という個別のリストの個人的なアーカイブがあり、リストのメンバーだけがアクセスできます。これらは毎日更新されます。

地域サポートグループ

いくつかの地域グループがギリーンストーン使用のサポートを行うため設立されています。

  • アフリカディジタルライブラリー支援ネットワーク(ADLSN) アフリカディジタルライブラリー支援ネットワーク (ADLSN)は、地域のデイジタルコンテンツの保存と普及に従事するアフリカの実践者と他の関係者のコミュニティです。以下の国のナショナルセンターとサポートコミュニテイを通じて活動しています。ケニヤ、レソト、マラウィ、モーリシャス、ナンビア、ナイゲリア、セネガル、タンザニア、ウガンダ、ジンバブエ。
  • 南アフリカグリーンストーンサポート このサポートの努力はDigital Library Network South Asiaと the Greenstone development teamの協力のもと、 Indian Institute of Management (IIM) Kozhikodeの Center for the Development of Digital Libraries (CDDL)によって南アジアにおけるグリーンストーンの効果的なプロモーションやサポート確保するために遂行された。
  • Centro Nacional de Promocion de Greenstone アルゼンチンのGreenstone開発のナショナルセンター
  • アラビア語Greenstoneブログ アラビア語ブログはGreenstoneとディジタルライブラリー問題を討議します。

他の資源

How To Build a Digital Library
デジタル・ライブラリーとは何でしょうか。どのような形をしているのでしょうか。どこから情報が来るのでしょうか。どのように組み合わせるのでしょうか。どこで立ち上げるのでしょうか。これはどのようにアレンジするかについての協力な実例がある平明で率直なやり方でこれらの疑問に答える本です。この本はグリーンストーン・ソフトについても記述しています。

ウエブベース・サポート・フォーム
最後の手段として、もし同様の理由でメーリングリストが使用できない場合、グリーンストーンのサポート・チームに質問を送るのにこのウエブベースのサポート・フォームを使用してください。

商業的サポート

Prodigio Consultores はラテンアメリカでのグリーンストーンの専門サービスを提供しています。彼らはスペイン語のグリーンストーンのサポートの協力者です。

Opalle Innovation はグリーンストーンユーザーに対し職業的アドバイス、テクニカル・サポート、国際化、ホステイング、カスタム・ソリューションを提供します。

訓練

多くの機関がグリーンストーンの研修コースを主催しましたが、どれとも我々は関係していません。

ユネスコはバンガロール (2002 and 2003), アルマタイ(2003)、スヴァ (2003, USPと), Senegal (2004)の訓練コースを支援した
Jean-Claude Dauphin jc.dauphin@unesco.orgに連絡してください。

ユネスコIITE (Institute of Information Technology in Education) は回路、バンコク、モスクワでコースを計画しています。
Azat Khannanov Azat.Khannanov@iite.ruに連絡してください。

Shubhada Nagarkarshubha@bioinfo.ernet.inによるインド、プネ大学

IIM Kozhikode by M.G. Sreekumar mgsree@iimk.ac.in

Gustavo KouriによるInfomed Cuba gkouric@infomed.sld.cu

Edie Rasmussen edie@interchange.ubc.caへメールによって運営されるSLAIS、ブリテイシュ・コロンビア大学

FAO and SPC Fiji by Christina Tuitubou ChristinaT@spc.int

デイジタル・ライブラリー・コンファレンスでは時々
JCDL, ECDL, ICADL, ICDLのグリーンストーンのチュートリアルがあります。

図書館員の会議では
LITA, ALA Annual Conference, ASISTなどでグリーンストーンのワークショップやプレゼンテーションが開催されます。

それら機関がどのようなコースを予定しているかは分かりません。:直接おたずねください。

もしくは、もしある部局/機関が各地域でグリーンストーンのワークショップを組織し財政援助する意図があれば、開催できます(ほかにどのような関与をしているかによります)。航空運賃と宿泊費用の負担が必要で、もしお許しいただけるなら、調査費用を援助していただければありがたいです。

自主学習コース

FAO/UNESCO は http://www.imarkgroup.org/ or contact: IMARKenquiries@fao.orgで使用できる「デジタル化とデジタルライブラリー」という自主開発モジュールを開発しました。

IITEは「教育におけるデジタルライブラリー」の自習コースを設けています。
Azat Khannanov Azat.Khannanov@iite.ruに連絡してください。

寄付と契約のリサーチ

グリーンストーンはGNU General Public Licenseの下で頒布されています。メールリストによる問い合わせに回答するサポートを提供しており、今後もできるだけ続ける予定ですが、発送の手間のためにいつまで提供できるか分かりません。資金提供があればもっと続けられます。

「グリーンストーンのフレンドになる...」そしてeメールリストの質問に対する回答を優先し、特定の問題を参照するために、プロジェクト・メンバーの時間を1年に1日分使用します。この経費は(寄付やインボイスなど)年間2000ドルです。参加するには、 eメールをお願いします。感謝のしるしとして、記念に銀製ニュージーランド・グリーンストーンの小品を差し上げます。

「新しい未来を望んでいますか」グリーンストーンのリサーチ・グループは新しい機能と特徴を追加することによって、グリーンストーンを強化するための調査契約を行っています。もし財政的な援助が得られれば、どのようなことをしたいかのexamples いくつかの例です。 .にコンタクトしてください。